紫外線対策とシミの原因について

紫外線が多くなる季節、きちんとした紫外線対策がシミやしわのないきれいなお肌を維持する為にも必要です。
紫外線対策をする為には、紫外線がなぜしわやシミの原因になるのかについて理解しておくことをおすすめします。

しみやくすみの原因となるメラニン色素は、メラノサイトという細胞からつくられます。
このメラノサイトは、紫外線の波長に反応します。
紫外線はメラニン色素によってつくられた黒い部分に集まるので、皮膚の奥まで紫外線が届きにくくなります。
紫外線がメラニン色素でシャットされることで、皮膚は紫外線の作用を避けられます。
たくさん生成され過ぎてしまうとシミの原因になりますので注意が必要です。
肌はターンオーバーによって再生し、生まれ変わっていますが、肌が再生される際に使われたメラニンは一緒に外に排出されます。
メラニン色素が多すぎると、通常のターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまうことになり、シミの原因になっていまします。
皮膚のシミは、紫外線を浴びた直後にできるものではなく、時間が経過して肌の状態が落ち着いてから目立つようになります。
夏が終わり、季節が経過して秋や冬になってから、紫外線が強い時期に浴びた影響がシミやくすみとなってあらわれてきます。
紫外線対策で大事なことは、まだ肌にシミもくすみもない頃から取りかかるということです。
肌にシミを作らないようにするためには、紫外線の対策は日差しが強い季節だけでなく、年間を通して常に気をつけて、肌を守ることをおすすめします。
愛知 太陽光発電