汗を掻いて体内の水分を巡らせる

若い頃には特別に意識をしなくても、いい汗を掻くことができましたよね。
でも、歳を重ねていくとそうはいきません。
そこで、辛いものを食べて発汗作用を促してみましょう。

汗を掻くということは身体に滞留してしまった水分を巡らせて排出するということなので、身体がシャキッとします。
ただし、身体を動かすことで汗を掻くのはなかなかしんどいもの。
だからこそ、辛いものを食べることをおすすめします。

 
手軽なのはカレー。
もしも辛みが苦手という人は、次の対策で乗り切るのも一案です。

 

 

・スパイスたっぷりのカレールーにフルーツを加える
フルーツの優しい甘みは刺激的な辛みを和らげてくれます。
こうするとスパイスの摂取量を抑える必要なく食べられるのです。

 

 

・辛みが辛くなった時に飲むためのヨーグルトドリンクを準備する
ラッシーというヨーグルトドリンクがありますが、辛みを抑えてくれるのに水を飲むよりも効き目があります。
甘みやとろみ加減はお好みで調整してください。

 

 

あくまでも我慢しながら食べるのではなく、美味しく食べてスッキリと元気になるのが一番です。

 

関節を気持ちよくしたい!