パッティングと距離感

パッティングは距離感が命だと思います。その距離感はタッチで出すんです。

どれくらいのタッチでパッティングするかは、ボールがカップインするまでの「スピード」をイメージするのが最良だと思います。
下りのラインなら、とろとろと転がってカップインするイメージ。上りなら、しっかり打ってカップの向こう側の壁にコツンと当たってから入るイメージ。
ボールが転がってカップに消える場面を頭のなかで想像してみれば、おのずとそのスピードがイメージできるはずなんですねで。
こうしてボールの転がるスピードと、そのスピードを出すためのタッチがイメージできたところで初めてラインを読んでみるんです。
というか、タッチが決まらないことにはラインも読めないからです。
なぜなら、下りのパットでとろとろ転がって入るというイメージなら、ボールに勢いがないから、傾斜の影響を強く受けてしまう。
つまり、ちょいフック目のはずがかなりフックって事もあるんです。反対に、上りのパットをしっかり打って入れようと思えば、
“ちょいスライス目”に見えても、思ったほど傾斜の影響を受けないから”まっすぐ”でいいということになるわけなんです。

パターのライ角チューニング