昔からある「薬用養命酒 」が冷えや凝りに効果があります。

年齢を重ねるとともに、体のだるさや疲れに悩んでいました。もともと冷え性なのですが、年々その症状も悪化しているように感じます。手足が氷のように冷たく血行が悪いのです。電気毛布を使ったり、カイロを貼ったりしているのですが、体の芯から温まらないので、直ぐに冷えてしまいます。

冷えは万病の元と言われるぐらいなので、ずっと悩んでいました。その時に叔母から勧められたのが、昔からある「薬用養命酒 」です。茶色の瓶がどこか懐かしさを感じてしまいます。叔母はもうかれこれ40年以上養命酒を朝、昼、晩と飲み続けているそうです。そのおかげなのか風邪一つ引かずに元気だそうなのです。冷えとは無縁で、更年期障害もなかったそうです。これも全部養命酒のおかげだと言っていました。確かに叔母はいつも元気です。母が更年期障害で苦しんでいた時も、元気に走りまわっていました。勝手に体質だと思っていたのですが、養命酒で予防をしていたのです。元気な叔母が勧めるならと思い、早速購入してみました。養命酒は甘くて飲みやすいです。美味しいのでもっとグビグビ飲みたいぐらいです。美味しいと感じるのは自分の体にあっているからだと言われました。効果の方は、即効性は無いけれど、手足の冷えはだいぶん改善されたと思います。でも一番効果があったのは肩凝りです。あんなに頑固だった肩凝りが嘘のようになくなりました。説明書によると養命酒には、代謝機能を整えて血行を良くしてくれるそうです。このまま飲み続けることによって、体質改善をしてくれるので期待しています。どこでも手に入るし、安いのでオススメです。

なた豆茶